英語学習ナビゲーションTOP > 英語学習の情報 > 英語参考書の選び方

英語参考書の選び方について

 

学校の英語の勉強だけでは、英会話ができない人がほとんどなので、学校の英語の授業やそのための試験勉強をまったく無駄のようにいう人もいます。

が、この見方は一面的すぎます。確かに今の日本では英会話がうまくなりたい人は多いでしょう。

が、ちゃんと英語で文章の読み書きができる人も必要なのです。

それと、こういった場合の「英会話」とは多くの場合、「日常会話」を指しているように思います。

「英語でビジネスをする」「英語は単なる手段で、専門性の高い学問をするのに英語が必要だ」といった種類の人も間違いなくいるのです。

そういった人が、一般的な英会話のレベルにとどまらないためには、ちゃんと文法やリーディングも高いレベルで習得しておく必要があります。

で、こういった勉強のためには、「英会話」とはまた別の様々な教材が必要になります。

英会話だけならば、たいていは「オススメの教材」として、CDやDVD、あるいはノウハウ本ということになりそうです。

が、まともな勉強には参考書が必要です。また、英単語は積極的に増やさなければなりません。

「まだ、何も手を付けていない」というのであれば、『アクティブ英単語2100』(学習研究社)がおススメです。「使いこなしたい単語」が687、「意味だけおさえておきたい単語」が1413、収録されています。

単語数はかなり少ないです。「確実に抑えておきたい」といった基本単語ばかり集められています。これを踏み台にして、どんどん先に進んで行きましょう。


 

英語学習の情報記事一覧

ネットで英語を勉強する

パソコンとインターネットの普及のおかげで、英語を学ぶ環境は大きく改善しました。ソフトの形で様々な教材も用意されています。インストールさえすれば、ヒアリング、リーディング、単...

英語参考書の選び方

学校の英語の勉強だけでは、英会話ができない人がほとんどなので、学校の英語の授業やそのための試験勉強をまったく無駄のようにいう人もいます。が、この見方は一面的すぎます。確かに...

英語学習のいろいろな問題点

今、中学校や高校で行われている英語の授業に、改善の余地がたくさんあるのは事実でしょう。中学・高校の英語の先生の中にも、違った形の授業の方がいいように考える人もいるでしょう。...

効率的な英語の勉強法は??

学校時代、まじめに英語を勉強したはずなのに、まったく話せない人は少なくないでしょう。そして、そのまま学校を卒業してしまい、英会話能力のないまま社会に放り込まれるのです。...

映画で英語勉強しよう!

今、最も安価で使いやすい英語のヒアリング教材はテレビでしょう。これはアナログ放送時代でも、そういう面はありました。が、デジタル放送になって、様々な機能が加わったことで、最強...

英語学習塾の実態は

これからは小学校で英語を習い始めることになるようです。が、すでに大人になっている人が英語を習い始めたのは中学校に入った時でしょう。たいていの人はここで、「This is a...